防犯カメラ設置・システム構築を行うツクヨミセキュリティの事例紹介

LINEでお問合せ

事例紹介

新型コロナウイルス対策 体温測定用ハンディ型サーモカメラ

新型コロナウイルスが猛威を振るっています。感染拡大防止には人と人が近接する機会を少なくする必要がありますが、同時に経済活動も止まってしまいます。うがい・手洗いといった基本的な感染防止策を怠らないこと、そして感染者を早期に発見する事で、経済を循環させながら少しずつ収束に向かわせる必要があります。

企業や家庭において、感染しているかどうかを判断するには「こまめに体温を測定する」必要があります。

体温を測定する方法として「従来型の体温計」や「赤外線体温計」が用いられますが、従来型の体温計は脇に挟んだりして測定する為、接触感染を防ぐために消毒の手間を必要としますし、測定にも時間がかかります。
「赤外線体温計」はおでこにあてて計測するようなものです。こちらは比較的短時間で済ませることができますが、検査する人と検査される人が真っ正面に接近しますので、せきをした時など二次感染のリスクがあります。

特に、多くの人が出入りする施設において検査担当者気づかないうちに罹患してしまった場合、検査担当者から出入りする人全員に対して罹患させるリスクが発生する為、こういった場面での二次感染リスクは最小限にとどめる必要があります。

検査員の二次感染を防ぎながらスムーズにに行える機器として「サーモカメラ(サーモグラフィー/サーマルカメラ)」の技術を用いた非接触型体温計(体温測定用ハンディタイプサーモカメラ)があります。

これは、新型コロナウイルスや新型インフルエンザなど感染症対策用に開発された機器で、まさに体温測定に特化したハンディタイプのサーモカメラです。

他にもハンディ型のサーモカメラというものはありますが、体温計測用のものとの大きな違いは「測定誤差」です。
一般型のサーモカメラはとても広い範囲の温度を計測する為「±2℃」程度の誤差がありますが、体温測定用のものは「±0.5℃」とより緻密な測定が可能となっています。
体温は一般に36度5分~37度程度を平熱と言いますので、ここで測定誤差が「±2℃」もあっては正確性に欠ける結果になってしまいます。

商業施設の従業員出入り口・オフィスビルの入り口・コンサートなど興業の受付など、
多くの人を短時間で通過させる場ではスムーズな体温測定が必要となります。
この機器についてご質問等ございましたら、下記フォームよりお問合せ下さいませ。

(トップ画像はイメージの為、今回ご案内するハンディ型サーマルカメラの画像ではありません)

主な特徴

サーマル解像度

160×120

温度検知精度

最大±0.5℃

ディスプレイ解像度

320×240

電源

リチウムイオンバッテリー

稼働時間

最長8時間

<各種機能>
・サーモグラフィ機能
温度をリアルタイムで検知し、ディスプレイ上に表示
・ストレージ機能
SDカードによるスナップショット撮影が可能
・パレット機能(色彩機能)
4タイプ搭載


機器仕様

イメージセンサー

非冷却焦点面アレイ

最大解像度

160×120

ピクセルピッチ

17μm

応答波長

8μm~14μm

NETD

<40mk(@25℃、F#=1.0)

撮影画角

37.2°×50°

瞬時視野(mrad)

5.48mrad

最小焦点距離

≥ 150 mm

アパーチャ

F1.1

モニター

解像度320×240(2.4インチLCDディスプレイ)

パレット(表示色彩)

4種類

ルール

3つの温度測定:最大温度・最小温度・中間温度

温度測定範囲

30℃~45℃

温度計測誤差

±0.5℃

バッテリータイプ

充電リチウムイオンバッテリー

最長稼働時間

最長8時間連続稼働

レーザーライト

計測ターゲット用

ストレージ

メモリーカード(8G付属、最大128G)

キャプチャ

サーマル画像

動画

非対応

言語

英語

電源

3.7V DC/0.4A

消費電力

1.2W以下

インターフェース

マイクロUSB

動作温度

-10℃~50℃

保護等級

IP54

落下テスト(高さ)

2m

寸法

196×117×59(mm)

質量

約350g以下

アクセサリ

電源アダプタ・USBケーブル・8GBメモリーカード・マニュアル・CD・ストラップ

TOPへ